便秘は以下のように分類されます。 ・機能性便秘 ・器質性便秘 機能性便秘(およそ800万人もの人が悩んでいるといわれています)とは、消化器の機能が低下することによって起こる便秘のことです。 機能性便秘(長く続くと免疫力が落ちてしまうでしょう)は、大腸の蠕動運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)が低下する事で一時的に発症してしまう急性便秘としょっちゅう便秘になる慢性便秘、痛み止めや制吐剤と言う薬の副作用で便秘になる医原性便秘に分けることができます。 急性便秘はストレスや食生活の乱れ、一定しない生活習慣などが原因で、慢性便秘は筋力の低下や自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)の乱れなどが原因で起こるでしょう。 器質性便秘とは、病気で腸管に異常をきたした場合や先天性の異常が原因の便秘のことを言うんです。 病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)を治療することにより便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)を改善することができますが、先天性の場合だと治療することがむずかしいというのが現状です。 このように、一言で便秘といってもいろんな種類があるので、自分に当て嵌まるものがどれなのか考えてください。 そうする事で、自分に適した解消方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)が分かるはずです。 もし、便秘の原因が分からず、努力をしても治らない場合は、病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の可能性もあるので、一度医師に相談されてくださいー